血栓が原因で起こる病気の現状

血栓が原因で起こる病気とは

早目の対策が必要なので納豆博士を購入する前に下記の内容を確認しておいてください。

 

血栓は血管の中に血液などの塊が出来てしまい、
その塊が血管を塞いてしまう「栓」が出来てしまう現象です。

 

コレステロールや中性脂肪などによって血管の内部に余分なものが付着してしまうことによっても、
この血栓は出来やすくなってきます。

 

この血栓によよって実は年間に約12万人の方が亡くなっているんです。
血栓はできる場所によって病気の名前は異なります。

 

脳の中の血管が血栓によって塞がれてしまえば「脳梗塞」となりますし、
心臓付近の血管が血栓によって塞がれてしまうと「急性心筋梗塞」となります。

 

実はこの脳梗塞や急性心筋梗塞で亡くなる人は、
肺がんや胃がんなどで亡くなる人よりも多いんです。

 

ちなみに肺がんで亡くなった方は年間に約6万7千人、
胃がん出なくなった方は年間に約5万人です。

 

この血栓によりなくなる方の多くはそもそも自覚症状がなく、
いわゆる隠れ脳梗塞と言われている人は40代では3人に1人、
50代では2人に1人、60歳以上では約80%以上とも言われている恐ろしい状態です。

 

脳梗塞や急性心筋梗塞は夏に比べると冬に発症することが多く
21年の1月には1万2千人の方が亡くなっています。

 

この夏6月が最も少ない約8千人ですが、
それでも相当数の方が亡くなっているのが分かります。

 

今から納豆博士で対策をしていくといいと思いますよ。